Advanced iFrameを用いてWordPressの記事にthree.jsを埋め込む

この記事の執筆現在、Advanced iFrameというプラグインを用いてthree.jsのデモを埋め込んでいます。

私のデモのプログラムはgithubのリポジトリにあるのですが、GitHub Pagesというサービスを使っており、Webサイトとして見ることもできます。今回は例として、GitHub上にホストしてあるhttp://demos.arihi.net/lightmapのページを埋め込みたいと思います。

解説

Advanced iFrameをインストール後、記事の編集画面にて[Add Advanced iFrame]ボタンを押します。

すると、以下のショートコードが現れます。securitykeyは変更してはいけません。

ここに先ほどのURLを追加してあげれば

以下のように記事内に埋め込むことができます。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL